ハウスクリーニング費用を請求されたという知人の相談話

アパートやマンションの部屋を借りることを法律上では建物賃貸借といいます。

学生さんやサラリーマンが借りる場合は、たいていは契約期間は2年ではないでしょうか。もちろん、3年でもいいですし、1年でもいいです。

貸す人は大家さんで、賃貸人とも呼ばれます。借りる方は賃借人と呼ばれています。この賃貸人と賃借人ですが、それぞれに義務があります。

それは何かすぐに答えられるでしょうか。賃貸人さんは貸す部屋が壊れていたら直さなければなりません。

これは賃借人が故意に壊したものではない場合です。賃借人の義務は建物賃貸借契約どおりの家賃を定められた日までに支払うことです。

大家さんに持参するのでもいいですし、振り込みでもいいです。契約書どおりにするのが常識です。

先日、知り合いから相談されました。体重とサプリ

借りていた部屋から出ていくことになり、明け渡すことになったが、ハウスクリーニング費用を請求された。契約書には原状回復という文字があり、大家はこれを根拠にしている。

借主としては壊したことはない。それでもハウスクリーニング費用を支払わなければならないのか、というものでした。

たしかに原状回復することもあります。それは賃借人が故意に壊した場合です。彼は壊していないのです。畳の焦げ跡が借主のたばこの不始末で焦がしたものなら借主に責任がありますから、その部分は弁償しなければならないでしょう。

しかし、普通に使っていて少し色が変わったくらいは弁償しなくていい、などと説明しました。なお、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン 」を出していることも付け加えておきました。

彼もインターネット上からその資料をプリントアウトして、そのことを大家さんに言ったら納得してくれて支払わなくて済んだということでした。彼が困らなくて済んで、なんだかいい気分になりました。

今回のことで学んだことは何でも調査が重要ということです。特に不動産関連のトラブルは契約時の契約内容と退去時の 敷金問題が多いようです。

私はインターネットで調査しましたが、特にオススメなのが空き家スイッチという不動産情報サイトです。特に不動産投資の情報はとても興味が持てました。みなさんも不動産トラブルに見舞われた時はよくよく調査することをお勧めします。